時効の援用を行った後は、信用情報にはどう記録されているか非常に気になる所です。

実際にこんな疑問を持ってる人もいるようです。

-----------
JICC に登録されている延滞情報は時効の援用による消滅によっては延滞解消となるのでしょうか?

また、時効の援用によって解消された場合は一年で情報が消えるのでしょうか?

または、債務の整理とみなされて五年を越えない期間の対象でしょうか?

乱文で勉強不足もあり読みにくくなり申し訳ありません。

<引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387035233>
-----------

JICCでは、時効の援用を行うと2週間以内には取引情報が抹消されるそうです。

しかし業者によっては時効の援用を「債務整理」として記載するところもあり、こうなるとブラックな情報として残ってしまうので、問い合わせて時効の援用を行った旨を伝えると修正をしてもらえるようです。

どう処理されているかを詳しく知るには、信用情報の開示請求をしてみるしかありません。

詳しくは専門家に相談してみると良いでしょう


信用情報を今すぐ知りたい!そんな時は今すぐ専門家へ相談!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示