クレジットやローンなどの金融機関を利用すると、個人信用情報が記録されていると初めて知る人は少なくないでしょう

この個人信用情報を管理している機関は3つあり、そのひとつがCICです。

CICは、クレジット関係の審査機関で、正式名称は「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」と言います。

CICでは、クレジットカードの取引について、もしくは各種ローンの利用記録が残され、個人の金融面での信用度を図る情報として活用されます。

CICはJICC、全国銀行個人信用情報センターという別の信用情報機関とCRINというネットワークを使って債務者の事故情報を共有しています。

なので、クレジットで延滞した情報が載ってしまったけど、信用情報の審査機関が違うから銀行で借りようなんてのは勿論通用しません。

しかし、逆に共有している情報は事故情報のみなので、自分がどのようにお金を借りているかの情報を正確に把握する為には、それぞれの信用情報機関に信用情報開示請求を行わなければなりません。

詳しくは専門家へ相談してみるといいでしょう

信用情報を今すぐ知りたい!そんな時は今すぐ専門家へ相談!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示