自己破産後に信用情報開示

自己破産をしたけど信用情報が気になる そんな時は信用情報を開示してみませんか?

2014年05月

携帯料金の延滞は危険!

携帯電話を購入する際に、本体料金を月々の利用料金の中に足す事によって分割方式で払えます。

この料金の払い方はローンで携帯を買っている事になります。

携帯電話会社は信用情報機関であるCICに加入しており、携帯電話の契約内容が信用情報に記載されています。

なので支払いを3ヶ月遅延すると「滞納」という事故情報が「5年間」掲載されます。

この5年間は、携帯の本体料金を払い終わってから5年間なので、実際には5年以上ブラックになってしまう可能性もあります。

携帯端末の料金だけ払えばブラックを回避できそうですが、どのキャリアも電話の利用料金に合算して請求しているので、携帯端末代だけの支払いをすることはできないようになっています。

安易な携帯料金の延滞は、あなたの信用情報を傷つける事になりかねません

支払い状況に不安がある方は信用情報開示請求を専門家に相談してみてはいかがですか?


信用情報を今すぐしりたい!そんな時は今すぐ専門家へ相談!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示

信用情報とは

ローンを組んだり、クレジットカードを申し込む際に参照される情報があります。

それは、その人がどんな所でお金を借りて今どのような返済状況であるかという内容の情報です。

それを個人信用情報と呼びます。

この信用情報は信用情報機関という会社によって管理されており、信用情報機関も借金の種類で管理する会社が変わります。

例えば貸金業者から借りた際の信用情報はCICという会社が管理を行い、銀行から借りた場合は全国銀行個人信用情報センターが管理します。

この信用情報は自分の物なら手続きを行えば閲覧できるのですが、管理されてる信用情報は会社ごとに違うので詳細に知るためには、いろんな会社から信用情報を見る手続きをしなければ正しい自分の信用情報を知る事ができません。

この信用情報を取り寄せる手続きは手間が多いので、専門家に任せる人が多くなっています。


信用情報の詳細を知りたい!そんな時は信用情報開示を依頼してみませんか?
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示