住宅ローンの審査には信用情報も一つの指標になっています。

実際に信用情報は、開示請求を行ってみないとどうなっているかわかりません

相談

お世話になります。
住宅購入を考え信用情報を開示したところ、
20代前半に家族に頼まれて借りた消費者金融の情報が載っていました。
家族が返済すると約束してたのでてっきり支払い終わっているものと思っていましたが、
残高の欄に金額が残っており支払い終わっておらず、家族に確認したところ、10年以上支払いをしていないとのことでした。
ただ、あまりにも空白の欄が多いので、この契約は時効を迎えており削除してもらえるのではないかと思い、
CIC に電話で確認したところ、削除することは出来ないとの回答。
ただし、12の欄、契約の内容の記載はどうなっているか尋ねられたので、
空欄になっていると、答えると「でしたら、残高をがゼロになればその情報ページ自体が削除され全く見れなくなる」との回答を頂きました。
確認の為、再度電話し他の方が対応されましたが「それは残高を精算する、または法的手続きや、時効の援用を行った場合もですか。」と尋ねると、
「そうです。全く消えてなくなります。」とのことでした。
CIC の方が揃っておっしゃるのでそうだろうとは思うのですが
、私が調べた限りでは完了しても5年間は記録に残るとのことだったので、初めての情報で驚きました。
その場合残高をゼロにする為にはどういった手続きや処理を行ったら最善策でしょうか。
ご教示ください。
<引用元:http://www.bengo4.com/shakkin/1042/b_289786/>

このように昔の債務の記録が信用情報に残ったままになっているケースもあります。

この場合ならば時効の援用を行うという手段で、対応できるようです。

まずは専門家に詳しく相談してみる事をオススメします。


信用情報を今すぐ知りたい!そんな時は今すぐ専門家へ相談!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示