自己破産後に信用情報開示

自己破産をしたけど信用情報が気になる そんな時は信用情報を開示してみませんか?

信用情報とは

債務整理か自己破産を考えています

債務整理を考えているので、債務の時効等を確認する為に信用情報開示したい
信用情報を開示した場合は、債権者に開示したことが分かるのか?
時効に対しての手続きを取られる恐れはあるのか?

そんな相談をする方もいます。

相談
債務整理か自己破産を考えています。
多重債務の為、時効消滅になるような債務があれば消滅手続きをして
残りの債務が払える範囲かどうか知りたいので信用機関に情報開示の申請をしようと思っています。
5年程経つので、時効になる債権があるのではと思います。
情報開示をした場合、債権者へ開示した事がバレますか?
バレたら債権者は時効にならない様に、何らかの手続きをしてきますよね?

<引用元:http://www.bengo4.com/saimu/b_362030/>

債権者に開示を行った事が知られる可能性は薄いと思われます。

もし知られたからと言っても時効が成立した債権をどうにかして無効といういうのも難しいので、あまり気にしなくて良いでしょう



信用情報を今すぐ知りたい!そんな時は今すぐ専門家へ相談!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示

CICについて

クレジットやローンなどの金融機関を利用すると、個人信用情報が記録されていると初めて知る人は少なくないでしょう

この個人信用情報を管理している機関は3つあり、そのひとつがCICです。

CICは、クレジット関係の審査機関で、正式名称は「割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関」と言います。

CICでは、クレジットカードの取引について、もしくは各種ローンの利用記録が残され、個人の金融面での信用度を図る情報として活用されます。

CICはJICC、全国銀行個人信用情報センターという別の信用情報機関とCRINというネットワークを使って債務者の事故情報を共有しています。

なので、クレジットで延滞した情報が載ってしまったけど、信用情報の審査機関が違うから銀行で借りようなんてのは勿論通用しません。

しかし、逆に共有している情報は事故情報のみなので、自分がどのようにお金を借りているかの情報を正確に把握する為には、それぞれの信用情報機関に信用情報開示請求を行わなければなりません。

詳しくは専門家へ相談してみるといいでしょう

信用情報を今すぐ知りたい!そんな時は今すぐ専門家へ相談!
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示

信用情報とは

ローンを組んだり、クレジットカードを申し込む際に参照される情報があります。

それは、その人がどんな所でお金を借りて今どのような返済状況であるかという内容の情報です。

それを個人信用情報と呼びます。

この信用情報は信用情報機関という会社によって管理されており、信用情報機関も借金の種類で管理する会社が変わります。

例えば貸金業者から借りた際の信用情報はCICという会社が管理を行い、銀行から借りた場合は全国銀行個人信用情報センターが管理します。

この信用情報は自分の物なら手続きを行えば閲覧できるのですが、管理されてる信用情報は会社ごとに違うので詳細に知るためには、いろんな会社から信用情報を見る手続きをしなければ正しい自分の信用情報を知る事ができません。

この信用情報を取り寄せる手続きは手間が多いので、専門家に任せる人が多くなっています。


信用情報の詳細を知りたい!そんな時は信用情報開示を依頼してみませんか?
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示